右足靴だけ10個あったらどうするか

image

別の話。あなたは靴屋です。なぜかあなたは靴の右足だけを10足分、持っています。そしてあなた以外に10人の靴屋がそれぞれ1足ずつ左足だけの靴を持っているとします。

これはマーケティング戦略のテクニックの話です。

10人のライバル靴屋たちは一致団結して「右だけ持っていても売れるわけないんだから、俺たちに安く売れ」とあなたに迫ってきます。たしかに右だけでは売れないし、多少安くてもゴミになるよりマシかもしれません。
原価割れしなければ御の字とあなたは彼らに売りますか?

結論から言うと、これは売るべきではありません。マーケティングを理解した靴屋は自分の持っている10足の靴のうち、ひとつを捨てます。絶対取ってこれないように断崖絶壁から投げ捨てます。あるいは燃やします。

なぜか?

そうすることで自分にイニシアティブを持ってくるのです。そこにあるすべての靴を合わせても、9足分しかセット組みできないので、ライバル10人は余ったひとりになりたくないから多少値段が高くついてもあなたが持っている右足靴を譲ってくれと言ってきます。

あなたは9足分を例えば1.2倍の価格で売ることで、10足を定価で売ったとき以上の(もちろん10足を定価割れで売ったとき以上の)儲けを手にすることができます。

まあ実際にこういうケースが起こることはそうそうないのですが、プレミアムというものはこういう発想から産まれます。

いかに自分にイニシアティブを持ってくるか、これは重要なポイントなのです。

※この記事は2005/11/08に書きましたが、今でも意味があると思うので転載します。

トラックバック(1)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 右足靴だけ10個あったらどうするか

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://smashmedia.jp/mt/mt-tb.cgi/50

コミュニケーション・デザイナーとしてマーケティング界で活躍されている河野武さんが運営する初心者向けマーケティング講座サイト「わかるマーケティング」を見てい... 続きを読む

コメント(1)

すごく興味深いお話をご紹介頂きありがとうございました。
私はまだ駆け出しのマーケターで勉強中の身です。
発展途上です。
今後も本サイトを含め、様々な記事を読ませていただき勉強させていただければと思います。
※僭越ながらトラックバックさせていただきました。
これからのご活躍を期待しております!
お体にはお気をつけください。

コメントする

マーケティングis.jp

すべての記事はマーケティングis.jpに引っ越しました。他にもいろんな記事をご用意しておりますので、ぜひお越しください。
125_125marketingis

著者の書籍紹介

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.2-ja

このブログ記事について

このページは、河野が2006年10月12日 13:59に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「裸足の島 【マーケティングとは何か】」です。

次のブログ記事は「プロダクトアウトとマーケットイン」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。