マックフライポテトの価格戦略

image

ぼくはマックフライポテトが好きです。やきそばUFOも好きだし、モスチキンも好きですが、マックフライポテトも含めて、これらのジャンクフードは定期的に食べたくなります。
今日も帰りの電車で無性にマックフライポテトを食べたくなったので、代々木上原でわざわざ千代田線に乗り換えて、御茶ノ水のマクドに寄りました。よくよく考えたらJRの御茶ノ水駅でもそんなに距離は変わらなかったのですが、まあマクドのために乗り換えるくらい好きってことで。

マクドでは、たまごダブルマックセットを食べましたが、これはあんまりおいしくないですね。マクドはやっぱり普通のハンバーガーか、フィレオフィッシュか、てりやきバーガーですね。一時期はチキンタツタをよく食べてたけど、もうなくなっちゃったし。
で、カウンターに座って食べてたら、こんな店内広告がありました。

macpoteto.jpg

マックフライポテトの単品購入の価格が書いてあります。
プライシング戦略的には明らかに間違ってますよね。だって松竹梅で価格差が同じってのはありえない。

S:150円→(50円)→M:200円→(50円)→L:250円

普通はお得感を出すために

S:160円→(50円)→M:210円→(40円)→L:250円

とするはずです。
仮にLの価格を据え置くとしても、こうしたほうが総利益は上がるはず。しかもLの注文率も上がるはず。 日本人は松竹梅とあったら、竹を選ぶ傾向が強いといいます。
ぼくも当時レベッカがCMしてたリバティっていうミニコンポ(もう死語だなあ)を買ったときは竹モデルでした。まだ実家にあると思うけど。 だから余計に松竹梅のプライシングをうまくコントロールすることで最上位を選んでもらうようにするのです。「一番安いのは嫌だなあ」から「どうせなら一番いいやつにしよう」に心理状態をコンバージョンするんですね。クルマでもそうだし、引越しの家選びの時なんかもぼくらはわりとそういう行動をしがちです。

だからこのマクドにおけるマックフライポテトのプライシング戦略はマーケティングの常識から見たら明らかに間違っているのですが、おそらくこれはキリのいい数字にしてレジのスピードアップとかお釣りで必要な10円玉の補充を少なくてすむようにするのが狙いなんだろうなあ。
これ税込なのか確認してないんだけど、税込じゃないとそもそもこの話は愚論なのですが、たしか例の「100円マック」のリリースの際に「税込で100円にしてつり銭を渡す時間短縮を狙う」って出てたと思うので、あってると思います。というか、公式サイトに税込って書いといてください。あ、そうか。総額表示だから書いてないってことは税込なのか。

で、もう一度話を戻すと、じゃあマックフライポテトを単品で注文する人っていったい何人いるんだよって話なんですね。そもそもセットでの注文ばかりで、みんな単品でマックフライポテトを買わないなら、こういう店内広告を作ること自体が無駄でしかない。制作費もかかるしね。少なくともぼくはマックフライポテトが好きだけど単品で注文したことないです。
逆にけっこうな人数がマックフライポテト単品注文をしてるなら、レジのスピードアップのほうがいいのかもしれないなあ。利益を取りに行くことで発生するコストのほうが多そうだし。マクド神話のひとつに「ゴマの数を減らして利益を確保した」というのがあるけど、きっとレジの時間もストップウォッチで計って金額換算してると思うし。仮に時給600円の人が、10秒余分にレジで時間がかかってしまったら、コストとしては1.7円になります。一日100人が注文したとして、170円。

…ん、170円!?

やっぱり利益取りにいった方がいいんじゃないの?

S:150円→(50円)→M:200円→(50円)→L:250円

S:160円→(50円)→M:210円→(40円)→L:250円

にしたら、少なくとも10円以上は平均単価が上がるから、100人が注文すれば1000円になる。ポテトの量もレジ以外のオペレーションも同じだから、明らかにこっちのほうが儲かるよ。あれー、どっかまちがってるのかなあ。
マクドはなぜマックフライポテトをこんなプライシングにしたと思いますか?
誰かぼくに教えてください。

※この記事は2005/10/09に書きましたが、今でも意味があると思うので転載します。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: マックフライポテトの価格戦略

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://smashmedia.jp/mt/mt-tb.cgi/46

コメント(2)

>仮に時給600円の人が…

日本全国何所でも、労働基準法違反ですね。

おもしろい話ですね。
自分はまだ学生の身分で知識はさほどありませんが、マックが好きです。主食マックですw

自分が思ったのは10秒長く、1日100人で170円の所。

自分はマックなら急いでいても10分で出れる!とか急ぎでも
食いに入れるイメージがあり、
そこも好きな理由です。

実際レジの前で30秒以上待たされるとかなり不満です。

地元のマックではレジを打ったあとは必ず30秒で商品をお渡しします!とレジに書いていました。

おそらく、マックはスピードを
重視した戦略ではないでしょうか?

でも俺も日記の管理人の方の提案がいんじゃないかなぁ・・・って思いますw

コメントする

マーケティングis.jp

すべての記事はマーケティングis.jpに引っ越しました。他にもいろんな記事をご用意しておりますので、ぜひお越しください。
125_125marketingis

著者の書籍紹介

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.2-ja

このブログ記事について

このページは、河野が2006年10月12日 00:20に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「マーケティングとは」です。

次のブログ記事は「マーケティングとは(2)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。